• 深谷商業記念館
  • 埼玉会館外観(夜景)
  • 遠山記念館2階
  • 清風亭-外観
  • 旧田中家住宅
たてもの散歩のコツ10か条 たてもの豆知識 用語解説

誠之堂

大正5年に、渋沢栄一の喜寿を祝って、渋沢栄一夫妻を慕う第一銀行の行員たちが出資して建てたものです。設計者は渋沢史料館青淵文庫(東京都北区)などを設計した田辺淳吉。煉瓦造りという本来移築不可能な建物ですが、平成11年に世田谷区から深谷市に移築されました。三角屋根に煉瓦の煙突は、絵本に出てきそうなおうち。

INFORMATION

  • 国指定重要文化財
  • 深谷市大字起会110-1
  • 見学について:TEL.048-571-0341(深谷市大寄公民館)
  • 建物について:TEL.048-572-9581(深谷市生涯学習課)
  • 時間/9:00~17:00
  • 定休日/年末年始
  • 見学無料
  • 10名以上の団体で観覧する場合は要事前申込み


より大きな地図で 埼玉モダンたてものきまぐれ散歩マップ を表示

旧大井村役場

昭和12年に大井村役場庁舎として川越街道沿いに建てられました。寄棟造の2階建の建物。装飾の少ないシンプルな建物で、窓が多く明るい雰囲気です。内部は春と秋に期日を限って公開されます。

INFOMATION

  • 国登録有形文化財
  • ふじみ野市苗間34-6
  • TEL.049-220-2088(ふじみ野市生涯学習課)
  • 期日を限って内部見学可


より大きな地図で 埼玉モダンたてものきまぐれ散歩マップ を表示

旧武毛銀行本店

旧吉田町の街並みにすくっと立つ煉瓦造りの洋館は、大正7年に武毛銀行の本店として建てられたものです。向かいにある菊水酒造の漆喰の蔵や木造の店舗も見どころです。

INFORMATION

  • 国登録有形文化財
  • 秩父市下吉田3871-1
  • TEL.0494-77-1113(秩父市吉田総合支所 市民福祉課)
  • 内部非公開


より大きな地図で 埼玉モダンたてものきまぐれ散歩マップ を表示

旧埼玉県師範学校鳳翔閣(復元)(現・さいたま市立浦和博物館)

バルコニーが印象的なこの白い洋館は、現在の埼玉会館のある場所に明治11年に建てられた師範学校です。老朽化のため昭和34年に解体されましたが、博物館として昭和47年に復元されました。師範学校は埼玉サッカー発祥の地でもあり、縁もあって浦和レッズのエンブレムにもこの凰翔閣がモチーフとして使われています。
INFOMATION
  • さいたま市緑区三室2458
  • TEL.048-874-3960
  • 時間/9:00~16:30
  • 定休日/月曜(祝日を除く)、祝日の翌日(土曜、日曜、祝日は除く)、年末年始
  • 見学無料


より大きな地図で 埼玉モダンたてものきまぐれ散歩マップ を表示

旧渋沢邸「中の家」

渋沢栄一生誕の地。明治28年に栄一の旧煉瓦製造施設(現・煉瓦史料館)妹夫婦が建てた天窓付きの養蚕農家建築で、当時の農村の様子が伝わってきます。奥の座敷は、栄一が故郷に帰った時に静かに休息できるようにと養蚕用の2階を作らなかったのだとか。
INFORMATION
  • 深谷市指定史跡
  • 深谷市血洗島247-1
  • TEL.048-572-958(1深谷市生涯学習課)
  • 時間/8:30~17:00
  • 定休日/年末年始
  • 見学無料


より大きな地図で 埼玉モダンたてものきまぐれ散歩マップ を表示

睡足軒

電力事業に生涯を捧げ、「電力の鬼」と言われた大実業家で、近代の三茶人でもあった松永安左エ門(松永耳庵)が数寄を凝らしてつくった茶室。平林寺の向かいの睡足軒の森の中にあります。馬屋だった建物を茶室に再利用しており、その奔放さが注目されています。秋は、円窓越しに見る紅葉が絶景。板の間がピカピカに光る茶室は、茶会・句会などの活動の場として市民に開放されています。

INFORMATION

  • 新座市野火止1-20-12
  • TEL.048-424-9616(新座市生涯学習スポーツ課)
  • 開園時間/9:00~16:00(睡足軒の森)
  • 休園日/水曜(祝日の場合は翌日)、年末年始
  • 園内散策無料
  • イベント時に内部見学可


より大きな地図で 埼玉モダンたてものきまぐれ散歩マップ を表示