• 深谷商業記念館
  • 埼玉会館外観(夜景)
  • 遠山記念館2階
  • 清風亭-外観
  • 旧田中家住宅
たてもの散歩のコツ10か条 たてもの豆知識 用語解説

武蔵豊岡教会の曳家工事の様子(定点撮影)を掲載

武蔵豊岡教会では、現在、建物保存のための曳家工事を行っています。
このたび、教会移動時の定点撮影記録を、岩堀建設工業株式会社様から御提供いただきました。武蔵豊岡教会のページ内「Kenchiku-Unchiku(建築うんちく)」のコーナーからアクセスできます。
武蔵豊岡教会ページ→http://tatemono.art-saitama.jp/archives/1022

埼玉県内建物イベントのご紹介(平成26年9月25日新情報追加)

「埼玉モダンたてもの-きまぐれ散歩」で紹介した建物を中心に、埼玉県内の建物で開催されるイベント(特別公開、特別展示、建物めぐり等)を集めました。 イベントに合わせて、建物を見に出かけてみませんか。
会 場 概 要 日 時 お問合せ等
入間市文化創造アトリエ・アミーゴ(入間市) 『~素敵な大人の邦楽講座&ミニライブ~ 清元のいろは』
歌舞伎公演などで活躍する清元協会より講師を迎え、清元についての講演と、演奏を行います。チケット:1,000円
9月27日(土)午後2時開演 入間市文化創造アトリエ・アミーゴ
tel 04-2931-3500
アミーゴHP
遠山記念館(川島町) 『遠山邸2階秋の特別公開』 9月28日(日)、10月11日(土)、11月8日(土) 遠山記念館
tel 049-297-0007
遠山記念館HP
草加市立歴史民俗資料館(草加市) 『企画展「おくのほそ道び風景地」』
草加松原も「おくのほそ道の風景地」として国指定名勝となったことを市民と共に歓び、あらためて草加松原の良さや歴史を再認識します。
9月2日(火)~12月24日(水) 草加市立歴史民俗資料館 tel 048-922-0402
旧田中家住宅(川口市) 『文化財子ども見学ツアー「旧田中家住宅を探検しよう!」』(終了しました)
大正時代に建築された本格的洋風建築「旧田中家住宅」を、小学生・中学生とその保護者を対象にご案内します。このツアーでは、通常公開していない場所も今回に限ってご案内します。参加される方は、事前に、下記までお申込みください。
・川口市立文化財センター窓口にて
・参加費(100円)を添えてお申込みください。
※定員(30名)になり次第受付を終了させていただきます。
詳しくは旧田中家住宅HPをご覧ください。
8月2日(土)
10:00~11:30
川口市文化財センター分館郷土資料館tel 048-283-3552旧田中家住宅HP
割烹旅館 二葉(小川町) 『有形文化財館内見学ツアー』(終了しました)
小川町七夕まつりに合わせ、館内見学ツアーを開催します。
7月26日(土)、27日(日)11:00/12:00/14:00/15:00 割烹旅館 二葉
tel 0493-72-0038
尾高惇忠生家(深谷市) 『尾高惇忠生家公開』
 尾高惇忠は深谷市出身で、富岡製糸場の初代場長を務めました。6月7日から毎日公開となりました。
主屋は1階土間からの見学となります。また、主屋の裏に煉瓦倉庫があります。
毎日 9:00~17:00 深谷市文化振興課
tel 048-577-4501
深谷市文化振興課HP
埼玉県立深谷商業高等学校記念館(深谷市) 『埼玉県立深谷商業高等学校記念館(二層楼)見学』
    
開館日:毎週日曜日
    (年末年始を除く臨時休館あり)
開館時間:午前10時~12時
       午後1時~3時 
埼玉県立深谷商業高等学校
tel 048-571-3321 
深谷商業高等学校HP
埼玉県立近代美術館(さいたま市) 『「戦後日本住宅伝説-挑発する家・内省する家」展』(終了しました)
戦後の1950年代から1970年代までの、16人の建築家の建築作品を、建築家のコンセプトとともに紹介し、建築家が「住まい」という私的な空間をどうとらえ、どう表現しようとしたかを探ります。期間中に関連イベントも行われます。
観覧料:一般1100円(880円)、大高生880円(710円)※()内は団体20名以上の料金
7月5日(土)〜8月31日(日)
10:00~17:30
埼玉県立近代美術館
tel 048-824-0111
近代美術館HP
遠山記念館(川島町) ①『端午の節句飾り』(終了しました)
②『遠山邸2階春の特別公開』
③『手回し蓄音機によるSPレコード鑑賞会』(終了しました)
④『登録文化財の茶室でお抹茶を』(終了しました)
⑤『暮らしと建築の美-遠山邸研究会セミナー』
①4月9日(水)~5月6日(火)
②5月17日(土)、6月14日(土)
③5月4日(日)13時30分~14時30分
④5月17日(土)11時~15時
⑤6月7日(土)、9月20日(土)13時30分~
遠山記念館
tel 049-297-0007
遠山記念館HP
埼玉県立歴史と民俗の博物館(さいたま市)  『博物館裏方探検隊』
普段は入ることのできない博物館のバックヤードを当館学芸員が案内しながら、博物館の施設・設備や学芸員の仕事を紹介します。
 毎週土曜日13:30~14:00
(特別展・企画展会期中14:30~15:00)
埼玉県立歴史と民俗の博物館
tel 048-645-8171
埼玉県立歴史と民俗の博物館HP
 桶川市内 『島村家住宅土蔵一般公開』
桶川市ガイドボランティアの解説あり。一般公開日以外でも予約頂ければ見学可能です。中山道散策コースとしてご案内しています。
※資料代…100円           
※駅からハイキング・市民祭り・3月おひなさまについては毎年公開しています。
 毎月第1土曜日 13時~16時
※1月・8月は休み
(団体など見学希望者は日程調整可能)
桶川市ガイドボランティア
tel 048-776-8590
立教学院聖パウロ礼拝堂(新座市) 『学院チャペルコンサート~フィスクオルガン奉献コンサート~』(終了しました)
2013年度、立教学院聖パウロ礼拝堂(新座チャペル)にアメリカのフィスク社が製作したフランス・ロマン派様式の新しいパイプオルガンが完成しました。
フランス・ロマン派オルガンの魅力を味わえます。
入場無料、申込不要です。
7月12日(土) 開場16:00、開演16:30 立教大学チャプレン室事務課
tel 03-3985-2698
立教大学HP
遠山記念館(川島町) 『暮らしと建築の美-遠山邸研究会セミナー』
近代和風建築についての講座の第9回は「日本の伝統的普請」。東京木材問屋協同組合理事長 吉条良明氏と、建築評論家 馬場璋造氏による対談講演です。戦前の材木商のことにふれながら、日本の住宅建築の伝統的な建て方、材料である木材に関する講座です。
※要事前申込、入館料の他、講座料300円が必要です。
9月20日(土)13時30分~ 遠山記念館
tel 049-297-0007
遠山記念館HP
旧秩父駅舎(秩父市) 『旧秩父駅舎 無料休憩所として開館』(終了しました)
旧秩父駅舎は、現在、やすらぎの丘(聖地公園、秩父市)内に移築されています。5月6日(火)までの午前9時~午後5時に無料休憩所として開館します。室内には、秩父鉄道関係資料などを展示しています。
4月26日(土)~5月6日(火)午前9時~午後5時
(終了しましたが、8月のお盆前後約2週間と、9月の秋分の日前後約2週間もオープンする予定です。)
秩父市文化財保護課
tel 0494-22-2481
飯能市内 『吾野宿古民家探訪とじゃがいも掘り体験』(終了しました)
明治、大正、昭和の時代に建てられた飯能市吾野宿に残る町並みと古民家を探訪し、建築文化の歴史や伝統を学びます。(吾野駅から吾野宿へ向かい、古民家(石田家、高山家、大河原家)などを探訪)
また、特産のジャガイモ掘り体験とジャガイモ料理を味わいながら山間地域振興に役立てる。
参加費2,000円 定員20名(申込み先着順)
6月14日(土)10:00~13:30 (一社)埼玉県建築士事務所協会いるま西支部
tel 042-974-1691
飯能エコツーリズムHP
本庄市内 『本庄オープン古ハウス 第3回「手しごとめぐり」』(終了しました)
 市民のまちづくりグループ「本庄まちNET」と「カフェNINOKURA」が、昨年始めた市内の古い建物(古ハウス)を知ることで、これからの本庄市民の暮らしを考える催しの第3弾を開催。今回は本庄の「手しごと」にスポットをあてます。
会場:宮本蔵の街(千代田4丁目)ほか旧中山道周辺
内容:①ガイドつきツアー(午前10時半〜、午後1時半〜。宮本蔵の街に集合) 
②各自で建物の外観・内部を見学・まち歩き
③古い建物からこれからのまちを考える「古ハウスカフェ」(3時からNINOKURA二階) 
費用 無料
*事前の申し込みは不要。直接会場へお越しください。
6月22日(日)10:00~17:00 本庄まちNET事務局
tel 0495-24-6683
又はカフェNINOKURA
tel 0495-24-7878
NINOKURAのHP
川口市、さいたま市、行田市 『バスで行く!アート散歩 小さな家をめぐる旅』
(終了しました)ヒヤシンスハウス、中銀カプセル(さいたま市)、ル・コルビュジエの「カップ・マルタンの休暇小屋」レプリカ(行田市)をはじめ、埼玉県内の小屋をバスで1日でめぐるツアー。
5月31日(土)9:30~17:00
※5月26日(月)までにメール( SMF.info@artplatform.jp
)又はFAX(048-824-0118)にて申込み
埼玉県立近代美術館内あなたとどこでもアート実行委員会事務局
tel 048-824-0110
入間市内 『バスで行く!入間新緑たてものツアー』
(終了しました)新緑のお茶の葉かおる頃、アメリカとゆかりの深い特徴的な建築を訪問するバスツアー。ミュージシャン、アメリカ人案内人も同乗します。 参加費1,500円)
コース:旧石川組製糸西洋館武蔵豊岡教会(工事中のため外観)の見学。茶畑を経由して市博物館アリットで昼食。その後普段は入れない東野高校内部を見学。製茶工場で新茶の試飲をしてジョンソンタウンへ。
6月1日(日)10:00~15:00
※5月19日(月)から申込み(入間市観光協会への電話又はツアー受付専用メールirk6103@eos.ocn.ne.jp)
入間市観光協会tel 04-2964-1111
Saitama Muse Forum facebook
川越市内 『レトロな洋館めぐり (蔵造りの建物も)』(終了しました)
川越に数多く残る洋館を、川越の観光案内のプロ、川越市シルバー人材センターのガイドの方がご案内。
東武スポーツクラブ川越前(川越市駅徒歩1分)→ 旧六軒町郵便局 → カトリック川越教会 → 大正浪漫夢通り 川越商工会議所 川越キリスト教会 → 重要伝建群(看板建築、埼玉りそな銀行) → 時の鐘・大澤家住宅
5月31日(土)9時~12時頃 川越シルバー人材センター
tel 049-222-2075
川越シルバー人材センターHP
行田市内 『ぎょうだ蔵めぐりまちあるき』(終了しました)
行田市内中心部に点在する16棟の足袋蔵等を開放し、様々な展示会を開催します。行田の歴史を感じながらまち歩きを楽しめます。
参加費200円(ボンネットバス無料乗車券つき)
5/17(土)18(日)10:00~16:00(最終日は15:00まで) ぎょうだ足袋蔵ネットワーク
tel 048-552-1010
ぎょうだ足袋蔵ネットワークHP
ふじみ野市立福岡河岸記念館 『福岡河岸記念館 五月人形展』(終了しました)
回漕問屋福田屋をはじめ市内の旧家などから寄贈された五月人形や鯉のぼりを飾ります。
※5月3日(土)、4日(日)は、木造3階建て離れ2階・3階の特別公開も実施します。
4月26日(土)~5月18日(日)
※4月は午前10時~午後4時、5月は午前10時~午後4時30分
※毎週月曜日休館(5月5日も休館)
ふじみ野市立上福岡歴史民俗資料館
tel 049-261-6065
ふじみ野市立福岡河岸記念館HP
ちちぶ銘仙館(秩父市) 『春の銘仙館まつり』(終了しました)
アニメ「あの花」のキャラクターに「秩父銘仙」を着せてみました。アニメの着物が実物になると・・・。期間中は「花」をテーマに着物やデザイン画も展示します。
4月11日(金)~5月6日(火) ちちぶ銘仙館
tel 0494-21-2112
ちちぶ銘仙館HP
旧田中家住宅(川口市立文化財センター分館) 『旧田中家住宅の端午の節句』(終了しました)
大正時代から田中家に伝わる五月人形と市内の旧家から寄贈された五月人形を展示公開します。
4月22日~5月11日
(休館日:4月28日、30日、5月7日)
川口市教育委員会 文化財課
tel 048-222-1061
旧田中家住宅HP
睡足軒の森(新座市) 『睡足軒の森 春の文化の祭典』(終了しました)
呈茶、坐禅体験、演奏会、作品展などを連日開催します。
5月6日(火)~13日(火)午前9時~午後4時 新座市教育委員会生涯学習スポーツ課
tel 048-424-9616
新座市HP
越谷市内 『越ヶ谷宿の甲冑めぐり』(終了しました)
①甲冑めぐりと古民家まちなみガイドツアー
歴史的な建物がいくつも残る旧日光街道を建物の歴史に詳しいガイドの案内で見学します。民家や店先の五月飾りや甲冑も楽しんでください(参加費500円)。
②蔵シック・コンサート
元魚屋さんだったお宅の蔵のある庭で、サックスとピアノの演奏を楽しめます(参加費1,500円)。
③この他にも、甲冑の着用体験などが予定されています。
4月29日(火)~5月11日(日)※①5月4日(日)(午前10時~、午後1時~の2回)②5月5日(月)(いずれも事前予約が必要) 越谷市商工会TMO担当
tel 048-966-6111

ガイドブック「埼玉モダンたてもの-きまぐれ散歩」の配布について

ガイドブック「埼玉モダンたてもの-きまぐれ散歩」は、皆様にご好評をいただき配布予定冊数に達したため、配布を終了いたしました。 なお、ガイドブックと同じ内容を、当ホームページにてご覧いただけます。
(ホームページ上の情報は2013年12月時点のものを掲載しています。施設の最新情報等は各施設へお問い合わせください。)

テレ玉「彩の国ニュースほっと」で「埼玉モダンたてもの-きまぐれ散歩」が特集されます

平成26年4月12日(土)のテレビ埼玉「彩の国ニュースほっと」(9:00~9:30)にて、「埼玉モダンたてもの-きまぐれ散歩」特集第2弾として、ガイドブック掲載の遠山記念館、太陽軒、日本聖公会川越キリスト教会のみどころが紹介される予定です。 彩の国ニュースほっとHP→http://www.pref.saitama.lg.jp/site/tv/ 2月8日(土)に放送された第1弾を見逃した方は、こちらから録画を見ることができます。→http://www.pref.saitama.lg.jp/site/tv/sainokuninewshot26-2gatu.html

祝!「富岡製糸場と絹産業遺産群」が世界文化遺産登録へ

関連する建物が埼玉にも!

富岡製糸場設置に尽力した渋沢栄一、尾高惇忠関連

『旧渋沢邸「中の家」(深谷市)』
渋沢栄一が生まれた家。現在は内部も見学できます。
『日本煉瓦製造株式会社旧煉瓦製造施設(深谷市)』
明治21年に渋沢栄一が設立した煉瓦製造会社の旧事務所、旧変電室、ホフマン輪釜1基が残っています。現在は旧事務所に限り、毎週金・日曜日に史料館として公開されています。
『誠之堂(深谷市)』
渋沢栄一の喜寿を祝い、渋沢栄一夫妻を慕う第一銀行行員らが出資して建てたもの。元は世田谷区にありましたが、平成11年に深谷市に移築されました。内部も見学できます。
『尾高惇忠生家(深谷市)』
富岡製糸場の初代場長であった尾高惇忠。渋沢栄一の従兄弟であり、論語の先生でもありました。通常、内部は公開されていません。
 

富岡製糸場最後の経営企業、片倉工業関連

『片倉シルク記念館(熊谷市)』
平成6年まで製糸工場として使用。現在は、繭から生糸になるまでの過程を紹介する記念館として公開されています。

絹産業遺産群「高山社跡」(群馬県藤岡市)関連

『競進社模範蚕室(本庄市)』
高山社を結成した高山長五郎の弟である、木村九蔵が競進社を結成。競進社と高山社は、ともに明治期日本蚕業教育に多大な貢献をしました。競進社は現在、日曜日に内部を公開しています。

その他製糸関連

『旧石川組製糸西洋館(入間市)』
全国有数の製糸会社であった石川組製糸の迎賓館が残っています。現在は、期日を限って内部を公開しています。
『ちちぶ銘仙館(秩父市)』
秩父絹織物同業組合が建築した建物が残っています。かつては埼玉県秩父工業試験場でした。現在は、秩父銘仙の資料展示や伝統技術の継承の場として公開されています。
『旧本庄商業銀行煉瓦倉庫(本庄市)』
銀行が製糸業者への融資の担保として預かった繭を補完するために明治29年に建てられた倉庫。一時洋菓子店として使われ、現在は本庄市が取得し活用が予定されています。
『飯能織物協同組合事務所(飯能市)』
飯能が絹織物で栄えていた頃の大正11年に組合事務所として建てられたもの。現在も事務所として使用されており、外観は見学できます。
『店蔵絹甚(飯能市)』
明治37年に建てられた、絹織物、生糸、繭を取引する買継商の建物。現在は、展示・イベントスペースとして活用されており、内部の見学もできます。

【3月23日(木) 14時~15時】システムメンテナンスのお知らせ

3月23日(木)は、システムメンテナンスのため、14時~15時の間で10~30分間程度、サイトにアクセスできなくなります。

「埼玉モダンたてもの-きまぐれ散歩」発行記念キャンペーン(終了しました)

<キャンペーンは終了いたしました> ガイドブックの発行を記念して
12月18日(水)から平成26年5月31日まで、オリジナルの待ち受け画像やグッズがもらえるキャンペーンを実施します。
  • ガイドブックに掲載された建物のうち、以下の6つの協力施設に行ってみましょう。
    遠山記念館(川島町)、足袋蔵まちづくりミュージアム(行田市)
    誠之堂・清風亭(深谷市)、本庄市立歴史民俗資料館(本庄市)
    ちちぶ銘仙館(秩父市)、埼玉会館(さいたま市)
  • 携帯電話やスマートフォンで、協力施設内に掲示されているアンケートフォームを読み取り、アンケートにお答えください。
    オリジナル待ち受け画像がもらえます。待ち受け画像は、6つの施設でそれぞれ異なります。
  • ダウンロードした待ち受け画像を受付で提示すると、各施設先着50名様に限りオリジナルグッズをプレゼントします。(オリジナルグッズプレゼントは、各施設とも先着50名様への配布終了時点で終了)
詳しくは文化振興課HP→http://www.pref.saitama.lg.jp/page/tatemono-art.html