カフェエレバート(旧田中家住宅)

カフェエレバート(旧田中家住宅)

保岡勝也設計ではありませんが、旧山吉デパート隣のモダンな建物です。一見洋館に見えますが、実は土蔵を人造石洗い出しで化粧した看板建築です。大正4年に建てられました。3つ並んだ窓のアーチ、最上部のペディメントがモダン。店内はレトロな気品あるカフェ空間です。


INFORMATION

  • 伝統的建造物
  • 川越市指定有形文化財
  • 川越市仲町6-4
  • TEL.049-222-0241
  • 時間/11:00~22:00
  • 定休日/水曜


より大きな地図で 埼玉モダンたてものきまぐれ散歩マップ を表示

旧山吉デパート (現・保刈歯科醫院)

旧山吉デパート (現・保刈歯科醫院)

昭和11年、川越に初めてできたデパートの建物です。保岡勝也最晩年の作品と言われています。構造は鉄筋コンクリート造。平成20年に復元及び耐震補強工事を終え、ルネサンス様式の石造り風の外観がよみがえりました。


INFORMATION

  • 伝統的建造物
  • 川越市仲町6-6
  • 診療中です。お静かに


より大きな地図で 埼玉モダンたてものきまぐれ散歩マップ を表示

山崎別邸-1

旧山崎家別邸

 

川越の老舗菓子屋「亀屋」の五代目である山崎嘉七の隠居所として、大正14年に建てられました。2階建の洋館と平屋の和風住宅、そして庭園が1つの空間をつくっています。川越を訪れる要人をもてなす迎賓館の役割も果たした建物です。


撮影:小野吉彦

INFORMATION

  • 川越市指定有形文化財(建物)・国登録記念物(庭園)
  • 川越市松江町2-7-8
  • TEL.049-224-5940(川越市役所観光課)
  • 時間/10:00~16:00
  • 保存修復工事のため、閉鎖中。平成27年度に本格的な公開を開始予定


より大きな地図で 埼玉モダンたてものきまぐれ散歩マップ を表示

埼玉りそな銀行川越支店 (旧第八十五銀行本店本館)

川越の洋風建築と保岡勝也

東京・丸の内赤煉瓦オフィス街の設計や、先駆的な住宅建築で知られる保岡勝也。
川越には、彼が設計した貴重な3つの建物(埼玉りそな銀行川越支店、旧山崎家別邸、旧山吉デパート)が現存しています。

 

 

保岡勝也(1877-1942)

東京駅などを設計した辰野金吾の下で西洋建築を学んだ後、丸の内の三菱合資会社8号館から21号館や数々の銀行建築の設計を行いました。
また、数々の中小規模の住宅の設計も手がけ、主婦向けの著書『理想の住宅』を発表するなど、大正から昭和初期の住宅建築をリードする存在でした。さらに晩年は茶室建築について研究するなど、幅広い分野の設計に携わりました。

埼玉りそな銀行川越支店 (旧第八十五銀行本店本館)

埼玉りそな銀行川越支店 (旧第八十五銀行本店本館)

蔵造りの町並みの中にそびえ立つ洋風建築。大正7年に建てられた銀行建築です。緑のドーム屋根がトレードマーク。シマシマの付け柱風の意匠がきれいです。


 

 

建物2階に今も残る、旧頭取室です。現在、応接室として使用しているため非公開ですが、今回、埼玉りそな銀行さんから特別に撮影に御協力いただきました。天井を見ると、塔屋の円形部分にあることがわかります。掲げられている書は、渋沢栄一によるもの。中国の宋の朱子学者程頤の言葉で「順理則裕(りにしたがえば、すなわりゆたかなり)」と書かれています。大正5年7月の上棟式の様子が分かる貴重な写真もありました。窓からは時の鐘が見えます。

 


INFORMATION

  • 川越市幸町4-1
  • 外観のみ見学可


より大きな地図で 埼玉モダンたてものきまぐれ散歩マップ を表示