• 深谷商業記念館
  • 埼玉会館外観(夜景)
  • 遠山記念館2階
  • 清風亭-外観
  • 旧田中家住宅
たてもの散歩のコツ10か条 たてもの豆知識 用語解説

日本煉瓦製造株式会社 旧煉瓦製造施設(現・煉瓦史料館)

明治21年に渋沢栄一が設立した日本煉瓦製造㈱の旧煉瓦製造施設。ドイツから輸入した当時の最新式のホフマン輪窯を使って、日本の発展を支えた煉瓦を製造していました。ピンクの下見板張りの外壁が印象的な建物は、ドイツ人煉瓦製造技師の住居兼事務所としてつくられたものです。現在も史料館として公開されています。(公開していませんがホフマン輪窯は現在1基残っています。)

 

INFORMATION

  • 国指定重要文化財
  • 深谷市上敷免28-10
  • TEL.048-572-9581(深谷市生涯学習課)
  • 開館日/煉瓦史料館 金曜、日曜 10:00~15:00
    ※11月1日(土曜日)から、毎週土曜日と日曜日の午前9時~午後4時(年末年始を除く)へと変更します。
      また、現在臨時公開のみとなっているホフマン輪窯6号窯を、11月1日(土曜日)から、毎週土曜日と日曜日の煉瓦史料館公開時間内に限り、10名以上の団体を対象とした予約制公開とします。予約は深谷市文化振興課文化財保護係(048-577-4501)で受付します。
  • 見学無料


より大きな地図で 埼玉モダンたてものきまぐれ散歩マップ を表示

競進社模範蚕室の公開日が拡大されます

競進社模範蚕室(本庄市)では、日曜日のみ一般公開されていましたが、
7月1日(火)~8月31日(日)の間、毎日公開となりました。
開館時間 午前9時~午後4時30分 この建物は、世界文化遺産への登録が決定した「富岡製糸場と絹産業遺産群」の一つ、「高山社」と関連があります。
競進社は木村九蔵が結成。木村九蔵は、高山社を結成した高山長五郎の弟です。競進社と高山社は、ともに明治期日本蚕業教育に多大な貢献をしました。
公開について詳しくは→http://www.pref.saitama.lg.jp/page/kyousinnsya.html
競進社模範蚕室

旧浦和市農業協同組合三室支所倉庫 (現・浦和くらしの博物館民家園展示棟)

積み上げられた大谷石の上に木造の土蔵を載せた倉庫。大正8年に栃木県小山市に建てられたもので、昭和31年に旧浦和市の農協の倉庫として移築された後、平成6年にこの地に再移築されました。赤い扉、大谷石、漆喰の白壁の組合せがモダンな雰囲気。民家園では、他にも移築された古民家が無料公開されています。

INFOMATION

  • 国登録有形文化財
  • さいたま市緑区大字下山口新田1179-1
  • TEL.048-878-5025
  • 時間/9:00~16:30
  • 定休日/月曜(祝日は除く)、祝日の翌日(土曜、日曜、祝日は除く)、年末年始、特別休館期間
  • 見学無料


より大きな地図で 埼玉モダンたてものきまぐれ散歩マップ を表示

競進社模範蚕室

明治27年に建てられた凛とした佇まいの木造中2階建の養蚕所。屋根の上に飛び出た4つの高窓は、蚕を育てるための大切な換気装置で、炭火の火力で蚕室の温度や湿気を管理する工夫が凝らされています。当時の最先端の養蚕技術を学びに全国から伝習生がつどったそうです。
INFORMATION
  • 埼玉県指定有形文化財
  • 本庄市児玉町児玉2514
  • TEL0495-25-1186(本庄市文化財保護課)
  • 公開日/日曜 ※平日の見学については事前にお問い合わせください                                平成26年7月1日(火)~8月31日(日)の間、毎日公開となりました。
    開館時間 午前9時~午後4時30分
  • 時間/9:00~16:30
  • 見学無料


より大きな地図で 埼玉モダンたてものきまぐれ散歩マップ を表示

草加市立歴史民俗資料館(旧草加小学校西校舎)

地元草加市出身で、数々の木造校舎を設計した建築家・大川勇の設計。大正15年に建てられた、県内の学校建築で初めての鉄筋コンクリート造2階建。関東大震災の教訓から「耐震耐火校舎」を目指し、同校出身の大川が初めて手掛けた鉄筋校舎。趣のある建物からは当時の子どもたちに対する思いが伝わってきます。

INFORMATION

  • 国登録有形文化財
  • 草加市住吉1-11-29
  • TEL.048-922-0402
  • 時間/9:00~16:30
  • 休館日/月曜(祝日の場合は翌平日)、 年末年始
  • 入館料/無料


より大きな地図で 埼玉モダンたてものきまぐれ散歩マップ を表示

加須市立童謡のふる里 おおとね図書館「ノイエ」

田んぼの中に建つ、埼玉県産の材木をふんだんに使った図書館。児童書コーナーは草加にあった明治2年竣工の古民家を移築したもので、地元の作曲家下總皖一がつくった童謡がどこからか聞こえてきそう。敷地内は屋敷林と水路に囲まれ、テラスでは庭を見ながら読書も楽しめます。

INFORMATION

  • 加須市琴寄597-1
  • TEL.0480-78-2211
  • 時間/9:30~18:00
  • 休館日/月曜(祝日の場合は翌日)、年末年始、館内整理日、特別整理期間


より大きな地図で 埼玉モダンたてものきまぐれ散歩マップ を表示

旧秩父セメント第二工場(現・秩父太平洋セメント株式会社)

昭和31年に建てられた、秩父の巨大なセメント製造工場。帝国劇場の設計などで知られ、日本近代建築を代表する建築家のひとりである谷口吉郎が設計しました。工場敷地内の長い直線の通路や高い煙突などが、人間の小ささを感じさせます。また、障子のような格子の壁も見事です。  

INFORMATION

  • 秩父市大野原1800
  • 内部非公開


より大きな地図で 埼玉モダンたてものきまぐれ散歩マップ を表示

旧本庄商業銀行煉瓦倉庫

中山道沿いにある大きな煉瓦造り倉庫は、明治29年に建てられた繭や生糸の保存倉庫。生糸産業全盛期に、本庄商業銀行は繭や生糸を担保にお金を貸していました。キングポストトラス構造の小屋組、左右対称の窓など、多くの特徴があります。
INFORMATION
  • 国登録有形文化財
  • 本庄市銀座1-5-16
  • TEL.0495-71-6685
  • 時間/9:00~19:00
  • 休館日/年末年始


より大きな地図で 埼玉モダンたてものきまぐれ散歩マップ を表示

会席料理 二木屋 (旧小林英三家住宅)

  閑静な住宅街にある隠れ家的料亭。昭和12年頃、陸軍将校の別邸として建てられました。洋間は、戦中に疎開先として小林英三の所有となった後につくられました。雛祭りや七夕など、四季折々の飾り付けが見事です。

INFOMATION

  • 国登録有形文化財
  • さいたま市中央区大戸4-14-2
  • TEL.048-825-4777
  • 時間/月曜~金曜11:00~13:00、13:10~15:10、17:30~22:00、土曜、日曜、祝日11:30~15:00、17:30~22:00
  • 定休日/原則第1月曜


より大きな地図で 埼玉モダンたてものきまぐれ散歩マップ を表示

大宮製油合名会社

  創業明治39年の老舗の油屋さん。昭和初期に建てられたスクラッチタイル張りのどっしりとした洋館です。レジ台、天窓、油の壺などレトロモダンなインテリアも見所の一つ。容器を持参すると、ゴマ油や菜種油を量り売りしてくれます。

INFOMATION

  • さいたま市大宮区大門町3-90
  • TEL.048-644-3225
  • 時間/9:00~18:30
  • 定休日/元日


より大きな地図で 埼玉モダンたてものきまぐれ散歩マップ を表示