テレ玉「彩の国ニュースほっと」で「埼玉モダンたてもの-きまぐれ散歩」が特集されます

平成26年4月12日(土)のテレビ埼玉「彩の国ニュースほっと」(9:00~9:30)にて、「埼玉モダンたてもの-きまぐれ散歩」特集第2弾として、ガイドブック掲載の遠山記念館、太陽軒、日本聖公会川越キリスト教会のみどころが紹介される予定です。

彩の国ニュースほっとHP→http://www.pref.saitama.lg.jp/site/tv/

2月8日(土)に放送された第1弾を見逃した方は、こちらから録画を見ることができます。→http://www.pref.saitama.lg.jp/site/tv/sainokuninewshot26-2gatu.html

横瀬町立横瀬小学校

横瀬町立横瀬小学校

昭和8年に建設された2階建の木造校舎は、<a href=”http://tatemono.art-saitama.jp/archives/1537″>旧草加小学校西校舎</a>をはじめ当時、数々の学校を設計した大川勇による設計。黒光りする床、温もりある木の階段など、あちこちに懐かしさと積み重ねた歴史が感じられます。職員室や音楽室のほか、4年生の教室としても現役で使用されています。


INFORMATION

  • 横瀬町横瀬4556
  • TEL.0494-22-0618
  • 敷地外から見学可


より大きな地図で 埼玉モダンたてものきまぐれ散歩マップ を表示

入間市文化創造アトリエ・アミーゴ

入間市文化創造アトリエ・アミーゴ (旧埼玉県繊維工業試験場入間支場)

大正5年に、地域の繊維業者が仏子模範工場として開設したものです。後に埼玉県繊維工業試験場となり、丁寧な改修が行われてきました。現在は市民の文化創造活動の拠点として活用されています。木造のあたたかみある建物です。


INFORMATION

  •  入間市仏子766
  • TEL.04-2931-3500
  • 時間/8:30~22:30
  • 休館日/年末年始


より大きな地図で 埼玉モダンたてものきまぐれ散歩マップ を表示

front

書籍「埼玉たてものトラベル」発売!

書籍「埼玉たてものトラベル」が発売されました

    • 平成27年8月5日に埼玉県内の素敵な建物を紹介する書籍「埼玉たてものトラベル」が発売されました。
    • 『ロマンあふれるたてもの』『感性にふれるたてもの』など、5つのカテゴリーで紹介されています。
    • イラストや写真を交えながら、埼玉たてものトラベル委員会の独自の目線の見どころもあります。

 特徴

  • 全62件の建物を掲載(一部、埼玉に縁のある東京都内の建物を含む。)
  • オススメ30件のたてものを5つのカテゴリーに分けて写真や見どころポイントを紹介
  • 特集記事
    ①日興證券の創立者により建設された邸宅を紹介する「遠山記念館の楽しみ方」
    ②東京大学名誉教授 藤森照信氏へのインタビュー「教えて藤森先生!看板建築って何ですか?」
    ③日本の近代化に貢献した深谷産のレンガの話「深谷レンガはじめてものがたり」
    ④埼玉県国際交流員ジェーンさんの建物紹介「ジェーンさんが行く埼玉たてもの探検隊!

書籍の中身を一部ご紹介

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 INFORMATION

      • 編集・企画: 埼玉たてものトラベル委員会
      • 発行日: 平成27年8月5日
      • 価格: 1,350円(税抜)
      • サイズ: A5変形版(150×225)
      • ページ数: 128ページ
      • 販売方法: 首都圏の書店及びインターネットにて
      • 企画協力: 埼玉県県民生活部文化振興課
      • 発行: 株式会社コア
      • 発売: メイツ出版

 

埼玉りそな銀行川越支店 (旧第八十五銀行本店本館)

埼玉りそな銀行川越支店 (旧第八十五銀行本店本館)

蔵造りの町並みの中にそびえ立つ洋風建築。大正7年に建てられた銀行建築です。緑のドーム屋根がトレードマーク。シマシマの付け柱風の意匠がきれいです。


 

 

建物2階に今も残る、旧頭取室です。現在、応接室として使用しているため非公開ですが、今回、埼玉りそな銀行さんから特別に撮影に御協力いただきました。天井を見ると、塔屋の円形部分にあることがわかります。掲げられている書は、渋沢栄一によるもの。中国の宋の朱子学者程頤の言葉で「順理則裕(りにしたがえば、すなわりゆたかなり)」と書かれています。大正5年7月の上棟式の様子が分かる貴重な写真もありました。窓からは時の鐘が見えます。

 


INFORMATION

  • 川越市幸町4-1
  • 外観のみ見学可


より大きな地図で 埼玉モダンたてものきまぐれ散歩マップ を表示

進修館_ぶどうUP

きまぐれコレクション タイル

魅惑のタイルの世界にようこそ!

 


進修館
存在感のあるぶどうのタイル


埼玉県立歴史と民俗の博物館


埼玉会館
タイルの大きな穴は「打ち込みタイル工法」でタイルを張りつけた型枠を固定する穴です


鈴木写真館の外壁。
光によって違う色に見える美しい焼き色はまるで陶芸品!


川口市母子福祉センター
一枚一枚少しずつ違う色のタイルでできた舟の画は、和とも洋とも言い難いモチーフで不思議な雰囲気。帆の部分は鏡になっています。


川口市母子福祉センター
カラフルで小さいタイルの横に大理石!


誠之堂の外壁。
焼き色の違うレンガの組み合わせ。ランダムに見えて計算されている?


埼玉会館
2色のヘリンボーン模様がかわいい


埼玉会館
色もテクスチャーも違うタイルの共演


埼玉りそな銀行川越支店

★割烹旅館二葉(二葉楼)

割烹旅館二葉(二葉楼)

「忠七めし」で知られる老舗二葉。その本館は数寄屋風の木造2階建で、昭和8年に建てられました。和風建築でありながら、洋風の窓や部屋にレトロモダンな雰囲気が感じられます。現在は、結婚式場「二葉楼」として営業しています。お食事は新館でどうぞ。

 


INFORMATION

  • 国登録有形文化財
  • 小川町大塚32
  • TEL.0493-72-0038
  • ご利用の方内部見学可


より大きな地図で 埼玉モダンたてものきまぐれ散歩マップ を表示

1遠山記念館2階-のコピー

匠の技がキラリ! おもてなし建築

明治以降に活躍した実業家たちのお屋敷には、訪れる客を迎えるための部屋がつくられていました。

そこは、匠の技とおもてなしの心に圧倒される極上の空間です。

代表的な迎賓用の部屋

 

設計者:室岡惣七(1885-1951)

埼玉県入間郡堀兼村出身。東京帝国大学で洋風建築を学ぶ。 遠山記念館、旧石川組製糸西洋館は室岡惣七の代表作。

c o l u m n ❷
遠山記念館の魅力 遠山記念館学芸員 久保木 彰一

田園地帯の中に濠を巡らせた大邸宅の佇まい、長屋門をくぐって進むと、茅葺き屋根の豪農風の建物が見えてくる。圧倒的な存在感のあるこの表玄関は一度没落
した生家の趣を昭和スタイルに再現したもので、中に入れば書院造りと数寄屋造りの落ち着いた雰囲気の座敷が続いています。昭和11年の竣工以来、増改築をせず
に当初の姿をよく伝えていて、建築技術、材料、意匠のいずれにおいても最高級の完成度を誇っています。
中棟の2階へ上がれば、予期もせずに和洋折衷の洋風応接室と寝室が現れ、アールデコの照明、ティーテーブル・ソファに、オパールガラス填め込み窓と、和の正統な
床の間が違和感なく組み合わされる様子に新鮮な驚きを覚えることでしょう。2階は春秋の特別公開日にご覧いただけます。

★誠之堂web

誠之堂

大正5年に、渋沢栄一の喜寿を祝って、渋沢栄一夫妻を慕う第一銀行の行員たちが出資して建てたものです。設計者は渋沢史料館青淵文庫(東京都北区)などを設計した田辺淳吉。煉瓦造りという本来移築不可能な建物ですが、平成11年に世田谷区から深谷市に移築されました。三角屋根に煉瓦の煙突は、絵本に出てきそうなおうち。


INFORMATION

  • 国指定重要文化財
  • 深谷市大字起会110-1
  • 見学について:TEL.048-571-0341(深谷市大寄公民館)
  • 建物について:TEL.048-572-9581(深谷市生涯学習課)
  • 時間/9:00~17:00
  • 定休日/年末年始
  • 見学無料
  • 10名以上の団体で観覧する場合は要事前申込み


より大きな地図で 埼玉モダンたてものきまぐれ散歩マップ を表示

パリー食堂

パリー食堂

昭和2年にカフェとして開業したパリー。現在も昭和レトロな食堂として営業しています。パリーの「パ」の字は、立派なおヒゲみたい!思わずカメラを向けたくなる看板建築です。


 

INFORMATION

  • 国登録有形文化財
  • 秩父市番場町19-8
  • TEL.0494-22-0422
  • 時間/11:30~20:30
  • 定休日/不定休


より大きな地図で 埼玉モダンたてものきまぐれ散歩マップ を表示