• 深谷商業記念館
  • 埼玉会館外観(夜景)
  • 遠山記念館2階
  • 清風亭-外観
  • 旧田中家住宅
たてもの散歩のコツ10か条 たてもの豆知識 用語解説

近代建築の巨人 前川國男

我が国の建築界をリードした前川國男。
県内には、前川が設計した建物が3つあります。
打ち込みタイル工法の壁に囲まれた
スタイリッシュな空間と広場。
さて、その魅力とは…  

埼玉会館
 

埼玉県立自然の博物館
 

埼玉県立歴史と民俗の博物館
   

設計者:前川國男(1905-1986)

日本近代建築の動向に戦前・戦後を通じて大きな足跡を残した建築家。ル・コルビュジエの弟子。東京文化会館の他、弘前市庁舎、東京都美術館などを設計した。  

c o l u m n
前川國男建築の魅力 東洋大学教授・建築家 内田 祥士

私が、埼玉県立歴史と民俗の博物館を初めて見たのは、1970年代、学生時代でした。当時は、埼玉県立博物館という名称でした。大きな煉瓦タイルを打込んだ壁面から受ける重厚な印象と、大きな開口部から受ける透明感が好対照をなす建物ですが、同時に、隅々まで実に丁寧にデザインされた建物です。また、埼玉会館には、学生と共に繰返し見学に来ています。こちらも打込タイルが印象的な建物です。設計者は共に前川國男、代表作は、上野の東京文化会館ですが、先に上げた二つの建物も名建築です。共に、文化財ではありませんが名建築です。
前川國男について書き始めると、止まらなくなりそうなので、ここでは紹介に留めますが、日本を代表する建築家の一人です。折角の出会いです。展示やコンサートではなく、建物を見に行って見ては如何ですか。  

ル・コルビュジエの「カップ・マルタンの休暇小屋」(レプリカ)

中成堂歯科医院

ピンクの下見板張りの洋風建築。大正2年に建てられたそうですが、いつもペンキが新しく、竣工当時の美しい外観が保たれています。2階の上げ下げ窓もすてきです。映画、ドラマのロケに使われたこともあるとか。

INFORMATION

  • 川越市幸町13-5
  • 診療中です。お静かに


より大きな地図で 埼玉モダンたてものきまぐれ散歩マップ を表示

和牛懐石 彩々亭 (旧荒井八郎商店)

「穂国足袋」の商標で知られた荒井八郎商店の創始者で、後に参議院議員として活躍した荒井八郎が昭和初期に建てた豪邸。別名「足袋御殿」。多くの政財界人が訪れた際の迎賓館として使われたといいます。現在はお食事処として利用されています。

INFORMATION

  • 国登録有形文化財
  • 行田市佐間1-11-22
  • TEL.048-553-4311
  • 時間/平日11:00~15:00・17:00~22:00、土曜、日曜、祝日11:00~22:00
  • 定休日/なし


より大きな地図で 埼玉モダンたてものきまぐれ散歩マップ を表示

児玉町旧配水塔

町民の水道整備への願いをかなえるべく昭和6年に竣工した埼玉県下3番目の近代水道施設。鉄筋コンクリート造で外壁にはモルタルが塗られています。現在もまちのシンボルとして保存されています。円筒にドーム型の屋根を付けたレトロ感漂うデザインが愛らしい。おみやげに、東側にあるパンとお菓子の店「マロン」オリジナルの「配水塔ケーキ」はいかが?
***

INFORMATION

  • 国登録有形文化財
  • 本庄市児玉町児玉 323-2
  • TEL.0495-25-1186(本庄市文化財保護課)
  • 内部非公開


より大きな地図で 埼玉モダンたてものきまぐれ散歩マップ を表示

旧浦和市農業協同組合三室支所倉庫 (現・浦和くらしの博物館民家園展示棟)

積み上げられた大谷石の上に木造の土蔵を載せた倉庫。大正8年に栃木県小山市に建てられたもので、昭和31年に旧浦和市の農協の倉庫として移築された後、平成6年にこの地に再移築されました。赤い扉、大谷石、漆喰の白壁の組合せがモダンな雰囲気。民家園では、他にも移築された古民家が無料公開されています。

INFOMATION

  • 国登録有形文化財
  • さいたま市緑区大字下山口新田1179-1
  • TEL.048-878-5025
  • 時間/9:00~16:30
  • 定休日/月曜(祝日は除く)、祝日の翌日(土曜、日曜、祝日は除く)、年末年始、特別休館期間
  • 見学無料


より大きな地図で 埼玉モダンたてものきまぐれ散歩マップ を表示

テレ玉「彩の国ニュースほっと」で「埼玉モダンたてもの-きまぐれ散歩」で特集第3弾放送!

平成26年6月21日(土)のテレビ埼玉「彩の国ニュースほっと」(9:00~9:30)にて、「埼玉モダンたてもの-きまぐれ散歩」第3弾が特集されます。 ガイドブック掲載の小島染織工業、坂田医院旧診療所、和牛懐石 彩々亭のみどころが紹介される予定です。 彩の国ニュースほっとHP→http://www.pref.saitama.lg.jp/site/tv/ 第1弾、第2弾を見逃した方は、こちらから録画を見ることができます。→http://www.pref.saitama.lg.jp/site/tv/sainokuninewshot26-2gatu.html

きまぐれコレクション ガラス

アクセントにすぎない?いえいえ!
そこには職人の夢と技術がいっぱい詰まっています。

誠之堂
中国漢の時代の画像石の図柄がモチーフ

旧田中家住宅

川口市母子福祉センター
カラフルな事務室のドア

川口市母子福祉センター
この他にも多くの凝ったガラスが
使われています

上石商店

旧山崎別家邸
撮影:小野吉彦

清風亭
優しい色の組み合わせが美しい。

誠之堂

旧石川組製糸西洋館

カフェエレバート(旧田中家住宅)

保岡勝也設計ではありませんが、旧山吉デパート隣のモダンな建物です。一見洋館に見えますが、実は土蔵を人造石洗い出しで化粧した看板建築です。大正4年に建てられました。3つ並んだ窓のアーチ、最上部のペディメントがモダン。店内はレトロな気品あるカフェ空間です。

INFORMATION

  • 伝統的建造物
  • 川越市指定有形文化財
  • 川越市仲町6-4
  • TEL.049-222-0241
  • 時間/11:00~22:00
  • 定休日/水曜


より大きな地図で 埼玉モダンたてものきまぐれ散歩マップ を表示

祝!「富岡製糸場と絹産業遺産群」が世界文化遺産登録へ

関連する建物が埼玉にも!

富岡製糸場設置に尽力した渋沢栄一、尾高惇忠関連

『旧渋沢邸「中の家」(深谷市)』
渋沢栄一が生まれた家。現在は内部も見学できます。
『日本煉瓦製造株式会社旧煉瓦製造施設(深谷市)』
明治21年に渋沢栄一が設立した煉瓦製造会社の旧事務所、旧変電室、ホフマン輪釜1基が残っています。現在は旧事務所に限り、毎週金・日曜日に史料館として公開されています。
『誠之堂(深谷市)』
渋沢栄一の喜寿を祝い、渋沢栄一夫妻を慕う第一銀行行員らが出資して建てたもの。元は世田谷区にありましたが、平成11年に深谷市に移築されました。内部も見学できます。
『尾高惇忠生家(深谷市)』
富岡製糸場の初代場長であった尾高惇忠。渋沢栄一の従兄弟であり、論語の先生でもありました。通常、内部は公開されていません。
 

富岡製糸場最後の経営企業、片倉工業関連

『片倉シルク記念館(熊谷市)』
平成6年まで製糸工場として使用。現在は、繭から生糸になるまでの過程を紹介する記念館として公開されています。

絹産業遺産群「高山社跡」(群馬県藤岡市)関連

『競進社模範蚕室(本庄市)』
高山社を結成した高山長五郎の弟である、木村九蔵が競進社を結成。競進社と高山社は、ともに明治期日本蚕業教育に多大な貢献をしました。競進社は現在、日曜日に内部を公開しています。

その他製糸関連

『旧石川組製糸西洋館(入間市)』
全国有数の製糸会社であった石川組製糸の迎賓館が残っています。現在は、期日を限って内部を公開しています。
『ちちぶ銘仙館(秩父市)』
秩父絹織物同業組合が建築した建物が残っています。かつては埼玉県秩父工業試験場でした。現在は、秩父銘仙の資料展示や伝統技術の継承の場として公開されています。
『旧本庄商業銀行煉瓦倉庫(本庄市)』
銀行が製糸業者への融資の担保として預かった繭を補完するために明治29年に建てられた倉庫。一時洋菓子店として使われ、現在は本庄市が取得し活用が予定されています。
『飯能織物協同組合事務所(飯能市)』
飯能が絹織物で栄えていた頃の大正11年に組合事務所として建てられたもの。現在も事務所として使用されており、外観は見学できます。
『店蔵絹甚(飯能市)』
明治37年に建てられた、絹織物、生糸、繭を取引する買継商の建物。現在は、展示・イベントスペースとして活用されており、内部の見学もできます。

匠の技がキラリ! おもてなし建築

明治以降に活躍した実業家たちのお屋敷には、訪れる客を迎えるための部屋がつくられていました。 そこは、匠の技とおもてなしの心に圧倒される極上の空間です。

代表的な迎賓用の部屋


遠山記念館(旧遠山家住宅)

旧石川組製糸西洋館
 

設計者:室岡惣七(1885-1951)

埼玉県入間郡堀兼村出身。東京帝国大学で洋風建築を学ぶ。 遠山記念館、旧石川組製糸西洋館は室岡惣七の代表作。

c o l u m n ❷
遠山記念館の魅力 遠山記念館学芸員 久保木 彰一

田園地帯の中に濠を巡らせた大邸宅の佇まい、長屋門をくぐって進むと、茅葺き屋根の豪農風の建物が見えてくる。圧倒的な存在感のあるこの表玄関は一度没落
した生家の趣を昭和スタイルに再現したもので、中に入れば書院造りと数寄屋造りの落ち着いた雰囲気の座敷が続いています。昭和11年の竣工以来、増改築をせず
に当初の姿をよく伝えていて、建築技術、材料、意匠のいずれにおいても最高級の完成度を誇っています。
中棟の2階へ上がれば、予期もせずに和洋折衷の洋風応接室と寝室が現れ、アールデコの照明、ティーテーブル・ソファに、オパールガラス填め込み窓と、和の正統な
床の間が違和感なく組み合わされる様子に新鮮な驚きを覚えることでしょう。2階は春秋の特別公開日にご覧いただけます。