• 深谷商業記念館
  • 埼玉会館外観(夜景)
  • 遠山記念館2階
  • 清風亭-外観
  • 旧田中家住宅
たてもの散歩のコツ10か条 たてもの豆知識 用語解説

きまぐれコレクション ドア

建物の顔とも言える扉は最重要の見どころ!

旧石川組製糸西洋館
端正なドア窓の装飾

旧石川組製糸西洋館
扉を開けるのをためらってしまうほど
重厚なつくり

太陽軒
扉の主張がすごい!

泰山堂
入る前からワクワクする
カラーリング

旧平沼寛一郎邸
日本家屋にこの扉!
遊び心たっぷりでかわいい

ちちぶ銘仙館
どこかやさしい雰囲気の装飾

ル・コルビュジエの「カップ・マルタンの休暇小屋」レプリカ

前川國男が師事した建築家ル・コルビュジエの作品のレプリカ。ものつくり大学の学生たちがフランスでの実測調査をもとに学内の調整池脇に制作しました。

INFORMATION

  • 行田市前谷333 (ものつくり大学内)
  • TEL.048-564-3200


より大きな地図で 埼玉モダンたてものきまぐれ散歩マップ を表示

「埼玉モダンたてもの-きまぐれ散歩」発行記念キャンペーン(終了しました)

<キャンペーンは終了いたしました> ガイドブックの発行を記念して
12月18日(水)から平成26年5月31日まで、オリジナルの待ち受け画像やグッズがもらえるキャンペーンを実施します。
  • ガイドブックに掲載された建物のうち、以下の6つの協力施設に行ってみましょう。
    遠山記念館(川島町)、足袋蔵まちづくりミュージアム(行田市)
    誠之堂・清風亭(深谷市)、本庄市立歴史民俗資料館(本庄市)
    ちちぶ銘仙館(秩父市)、埼玉会館(さいたま市)
  • 携帯電話やスマートフォンで、協力施設内に掲示されているアンケートフォームを読み取り、アンケートにお答えください。
    オリジナル待ち受け画像がもらえます。待ち受け画像は、6つの施設でそれぞれ異なります。
  • ダウンロードした待ち受け画像を受付で提示すると、各施設先着50名様に限りオリジナルグッズをプレゼントします。(オリジナルグッズプレゼントは、各施設とも先着50名様への配布終了時点で終了)
詳しくは文化振興課HP→http://www.pref.saitama.lg.jp/page/tatemono-art.html

【5月16日(水)13時~17時 システムメンテナンスのお知らせ】

5月16日(水)の13時~17時にシステムメンテナンスを行います。
メンテナンス中は、一時閲覧ができないこともあります。
ご迷惑をおかけしますがよろしくお願いいたします。

匠の技がキラリ! おもてなし建築

明治以降に活躍した実業家たちのお屋敷には、訪れる客を迎えるための部屋がつくられていました。 そこは、匠の技とおもてなしの心に圧倒される極上の空間です。

代表的な迎賓用の部屋


遠山記念館(旧遠山家住宅)

旧石川組製糸西洋館
 

設計者:室岡惣七(1885-1951)

埼玉県入間郡堀兼村出身。東京帝国大学で洋風建築を学ぶ。 遠山記念館、旧石川組製糸西洋館は室岡惣七の代表作。

c o l u m n ❷
遠山記念館の魅力 遠山記念館学芸員 久保木 彰一

田園地帯の中に濠を巡らせた大邸宅の佇まい、長屋門をくぐって進むと、茅葺き屋根の豪農風の建物が見えてくる。圧倒的な存在感のあるこの表玄関は一度没落
した生家の趣を昭和スタイルに再現したもので、中に入れば書院造りと数寄屋造りの落ち着いた雰囲気の座敷が続いています。昭和11年の竣工以来、増改築をせず
に当初の姿をよく伝えていて、建築技術、材料、意匠のいずれにおいても最高級の完成度を誇っています。
中棟の2階へ上がれば、予期もせずに和洋折衷の洋風応接室と寝室が現れ、アールデコの照明、ティーテーブル・ソファに、オパールガラス填め込み窓と、和の正統な
床の間が違和感なく組み合わされる様子に新鮮な驚きを覚えることでしょう。2階は春秋の特別公開日にご覧いただけます。

テレ玉「彩の国ニュースほっと」で「埼玉モダンたてもの-きまぐれ散歩」が特集されます

平成26年4月12日(土)のテレビ埼玉「彩の国ニュースほっと」(9:00~9:30)にて、「埼玉モダンたてもの-きまぐれ散歩」特集第2弾として、ガイドブック掲載の遠山記念館、太陽軒、日本聖公会川越キリスト教会のみどころが紹介される予定です。 彩の国ニュースほっとHP→http://www.pref.saitama.lg.jp/site/tv/ 2月8日(土)に放送された第1弾を見逃した方は、こちらから録画を見ることができます。→http://www.pref.saitama.lg.jp/site/tv/sainokuninewshot26-2gatu.html

カクテルバー snob (旧大月旅館別館)

旧大月旅館別館として大正15年に建てられたもので、当時は1階が遊技場、2階が従業員の部屋だったそうです。アールデコ調の建物で、入り口が角にあってユニーク。現在はBarとして活用されています。
***

INFORMATION

  • 国登録有形文化財
  • 秩父市番場町15-6
  • TEL.0494-22-5945
  • 時間/19:00~26:00
  • 定休日/火曜


より大きな地図で 埼玉モダンたてものきまぐれ散歩マップ を表示

書籍「埼玉たてものトラベル」発売!

書籍「埼玉たてものトラベル」が発売されました

    • 平成27年8月5日に埼玉県内の素敵な建物を紹介する書籍「埼玉たてものトラベル」が発売されました。
    • 『ロマンあふれるたてもの』『感性にふれるたてもの』など、5つのカテゴリーで紹介されています。
    • イラストや写真を交えながら、埼玉たてものトラベル委員会の独自の目線の見どころもあります。

 特徴

  • 全62件の建物を掲載(一部、埼玉に縁のある東京都内の建物を含む。)
  • オススメ30件のたてものを5つのカテゴリーに分けて写真や見どころポイントを紹介
  • 特集記事
    ①日興證券の創立者により建設された邸宅を紹介する「遠山記念館の楽しみ方」
    ②東京大学名誉教授 藤森照信氏へのインタビュー「教えて藤森先生!看板建築って何ですか?」
    ③日本の近代化に貢献した深谷産のレンガの話「深谷レンガはじめてものがたり」
    ④埼玉県国際交流員ジェーンさんの建物紹介「ジェーンさんが行く埼玉たてもの探検隊!

書籍の中身を一部ご紹介

                                                       

 INFORMATION

      • 編集・企画: 埼玉たてものトラベル委員会
      • 発行日: 平成27年8月5日
      • 価格: 1,350円(税抜)
      • サイズ: A5変形版(150×225)
      • ページ数: 128ページ
      • 販売方法: 首都圏の書店及びインターネットにて
      • 企画協力: 埼玉県県民生活部文化振興課
      • 発行: 株式会社コア
      • 発売: メイツ出版
 

シマノコーヒー大正館

昭和8年竣工の人造石洗い出しの看板建築。元は呉服屋さん、現在は喫茶店として利用されています。大きなガラスやレトロな扉、足下の石張りも印象的です。川越散策に疲れたら、ノスタルジックな店内でひと休み。

INFORMATION

  • 川越市都市景観重要建築物
  • 川越市連雀町13-7
  • TEL.049-225-7680
  • 時間/8:00~19:00
  • 定休日/なし


より大きな地図で 埼玉モダンたてものきまぐれ散歩マップ を表示

旧武毛銀行本店

旧吉田町の街並みにすくっと立つ煉瓦造りの洋館は、大正7年に武毛銀行の本店として建てられたものです。向かいにある菊水酒造の漆喰の蔵や木造の店舗も見どころです。

INFORMATION

  • 国登録有形文化財
  • 秩父市下吉田3871-1
  • TEL.0494-77-1113(秩父市吉田総合支所 市民福祉課)
  • 内部非公開


より大きな地図で 埼玉モダンたてものきまぐれ散歩マップ を表示